Menu items:

HOME

このサイトについて

歴史的背景

音楽ビジネスモデルについて

音楽の構造的部分について

ラジオ局Links

お勧めCD(SmoothJazz)

お勧めCD(Contemporary)

お勧めCD(Vocal)

J-Smooth Jazz

インタビュー

ライブレポート

推薦CD販売

サイト管理者との関連Links

リンクガイドライン

サイト管理者紹介

E-mail: Webmaster

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

Contemporary Jazz, Smooth Jazz
インタビュー

HOME > インタビュー > Ken Navarro

[←前の記事] | [次の記事→]

Ken Navarro インタビュー

Newport Beach Jazz Festival 2003 に出演することになった、Ken Navarro に、 出演前日の5月2日に、Double Tree Hotel の彼の部屋にてインタビューができました. Ken Navarro は、このサイトをご覧になっている方々の中にも、ファンの方が 多く、日本でも人気のあるアーティストであると思います.
(株)カンゼン スムースジャズシリーズのCDとしてもリリースされ、 今後、こちらも期待をしているアーティストです.


(写真の本サイトへの掲載、承諾済み.)

Yoshi:
Hello Ken, 今日は、ライブの前日で忙しいところ、時間を取ってくれてありがとう.

Ken:
Hi Yoshi, ぼくも会えて嬉しいよ.

Yoshi:
かなり以前からあなたの音楽は大好きで、注目していたのです.Smooth Sensation のCDを出された1997年ごろから、Smooth Jazz のミュージシャンの中でも この人はちょっと違うぞと思い、曲もコピーしてピアノ/キーボードで弾いたり していました.それで、今日、はじめてお会いできるということで楽しみにしてい ました.いろいろ質問もあるのです.

Ken:
そんなに熱心にぼくの音楽を聴いていてくれてとても嬉しいよ.ぼくは、今は ギターを弾いているけど、子供のころ音楽をやりはじめたころはピアノを弾いていた んだ.子供のころから、ピアノでハーモニーも憶えられたし、音楽学校では、 ピアノと作曲編曲もやってる.

Yoshi:
あなたの曲をよく聴いて、コピーまでしてみると音使いまではっきりわかりますが、 Ken, あなたは印象派の音楽が大好きでしょう.曲のメロディーの音の取り方や ハーモニーの付け方でわかるのです.それと、ギターの曲なのにキーボードで弾いても とても良い響きがして、ピアノ用の曲としてもそのまま演奏できることに 気が付いたのです.ギタリストのオリジナル曲をピアノでコピーして弾くと、 コードの音域が、ピアノに比べ低すぎたり、高すぎたり、することがありますが、 あなたの曲は、ジャズピアノの左手のコードが一番良い響きのする音域に うまく合っているんです.キーもギタリストが弾きやすい、E や G ルートでは なく、ピアノで弾きやすい Db, Gb, F がリディアンルートに来るキーなのですね.

Ken:
よく気が付いているね.ぼくは曲作りの時は、ギターは使わないんだ. ピアノをやっていたから、必ずキーボードで作曲してハーモナイズもしてから、 ギターに移して演奏しているんだ.ギタリストがギターを使って作曲すると、 とかく「手くせ」に陥りやすい.ギターで弾きやすいパターンばかりのメロディー の曲になりがちで、それを避けるためにギターを使わずに曲作りをしている.

Yoshi:
やはりそうでしたか.曲もハーモナイズが凝っていて、一見簡単そうに見えて、 実際は良く考えられている曲が多いようですし、歌詞を付けて歌にできそうな きれいな曲もたくさんあります.Smooth Sensation なんか特にそう思いました. 日本語の歌詞を付けて、日本人の女性歌手に歌ってもらったら日本でも ヒットするんじゃないか、と...
私は、カーペンターズが歌ってヒットした "Close To You" など、 1970年ごろのバートバカラックの曲が大好きで、あのバカラックの フレージングがあなたの曲のあちこちに見られるんです.

Ken:
ああ、あの曲か.Smooth Sensation は、キーボードじゃなく、ぼくが歌いながら 作ったんだよ.歌になりそうな曲は、もちろん曲作りのときから実際に歌ってみて 歌えるように作曲してるんだ.ぼくは、音楽学校のとき、歌もやっていた. だから、ぼくは、歌も自信あるんだよ.(笑)
ギターだって、ほら、いろいろ持ってきているけど、これもギターの種類で 音色が全然違うから、曲に応じて使い分けてる.人間だって、人それぞれみんな 声が違うように、ぼくは作曲した曲をいろいろなタイプのギターと歌に乗せ変えて 楽しんでいるんだよ.

Yoshi:
歌いながら曲作りするというのは納得できますね.今日は、明日のライブ のために3種類のギターを持ってこられているようですね.もしよかったら あなたが普段使われているギターの種類を教えてくれませんか?

Ken:
ぼくがふだん使っているのは、
1) F hole guitar は、 Heritage 550 と Gibson 175
2) Fender Strat
3) Nylon String (Classical Guitar) では、
ライブのときは、Rick Turner
スタジオ録音などでは、Takamines Guitar (日本の高峰ギター)
を使ってる.ぼくは高峰ギターの音が大好きなんだ.これは良いね. ただ、ライブでPAを使うとハウリングの関係で、Rick Turner を使ってる.

Yoshi:
なるほど.Ken, あなたの音楽は、ナイロン弦のとても美しいハーモニーが 印象的ですが、細かい配慮をされているんですね.とかくPAを通すと アコースティックなサウンドが変わってしまうことがありますが、 やはり、音量だけ増幅してナイロン弦のアコースティックなサウンドは そのまま残すという、スムースジャズでは特に重要である、 エレクトリックサウンドを使いながら音楽は限りなくアコースティックな響きの 秘密はここにあるのでしょう. エレクトリックハープを弾いている Lori Andrews も同じ方法をとっていますね. Ken, 持ってきたギターを全部持っているところを写真取らせていただいてもいいですか?

Ken:
最初のが F hole(上、インタビュー記事最初の写真), 下2つは、Fender で誰でも知ってるお馴染みなどです.



(写真の本サイトへの掲載、承諾済み.)

Yoshi:
いろいろ詳しいお話、ありがとう. 最後に、Positive Music のことをお伺いしたいのですが、やはり、CDの原盤制作 をご自身でされたいために、自分で会社を持たれているのですね.

Ken:
そうだよ.ミュージシャンがCDの原盤権を自分で持っていれば管理がしやすいし 自分の自由になるからね.最近は多くのミュージシャンが自分で管理してる. ただ、ぼくは音楽の演奏も制作もしなきゃいけないので、CDのマネージメント までやっていると時間がなくなってしまうんだ.それで、Shanacheと契約して 販売をやってもらっている.Shanacheと独占契約はしていないので、 あくまで原盤はこちらで管理しているよ.だから、日本でも、(株)カンゼン からリリースもしてもらってる.ミュージシャンにとってはとても助かります.

Yoshi:
これから、日本でもファンがもっと増えると良いですね. ところで、お住まいはメリーランド州のコロンビアで、バンドの他のメンバ は別のところに住んでいるようですが、不自由はありませんか?

Ken:
自分で音楽を制作する環境としては、メリーランドはとても住みやすく気に入ってます. 最近は、遠くのメンバともインターネットで曲のMIDIデータなどを交換しているし、 わりと近くにメンバが住んでいるが、バンドで集まることもそれほど大変ではないよ.

Yoshi:
今日は、いろいろお話を聞かせていただいてありがとうございました. 明日のライブ、楽しみにしています.


| HOME | About | History | BusinessModel | Theory | Radio Links | SmoothJazz CDs | ContemporaryMusic CDs | Vocal CDs | J-SmoothJazz | Interviews | LiveReport | Order | Links | LinkGuideline | Profile

All trademarks, trade names, pictures, company names and
music / song names in this document are owned by it's respective owners.

このサイトのImage file,Sound/MIDI file,音楽著作物、すべての無断使用を禁止 いたします.
All songs, sound/MIDI files and recorded items are (C)(P)Yoshiki Sakai

Since March 1,2000
Last modified February 16,2004
(C)2000 - 2004 Yoshiki Sakai
please send comments: Webmaster